NISSAN-SKYLINEスカイラインGT-R

R34GT-R用シートカバー開発-その1

R34GT-RシートカバーMspec

先日、お持込みで、R34GT-Rのシートカバーを制作しました。

最初は張替えでとのご要望だったのですが、元々の表皮が基材のウレタンと接着されており一体になってしまっているので、表皮をはがそうとすると基材まで崩壊してしまう構造のため、カバーをご提案しました。

カバーとは言っても、自社のノウハウを投入し、カバーには見えないカバーを開発します。

R34GT-RシートカバーMspec

シートカバーとして成り立つ構造にするため、こんな感じで周りのパーツをバラバラにして外していきます。

アジャスターがチェーン駆動!はじめてみました。さすがGTR。お金がかかってます。

お客様のご要望は「Mspecみたいに」とのことでした。

エムスペックは、シートのデザインが凝っていて、フロントシートの背もたれの肩の位置に切り返しがあって、アルカンターラを使っています。

一品制作の場合、こんなイメージですか?とイラストレーターで作画し、お客様と詳細を詰めて行きます。

MスペックLookシート

MスペックLookシート

肩の部分はMスペックのシート写真をいくつか見て、同じようなデザインにしました。座面中央にはアクセントで切り替えがほしいとのことでした。

MスペックLookシート

そして、パターンを起こして形にしたシートです。

実際には一発で完成ではなく、一度装着してきついところはパターンを緩め、ゆるいところはパターンをつまんで、距離合わせし、再度裁断して縫製して、という詰めを数回は繰り返します。

今回はメイキングの過程でした。次回のBlogでは完成写真をお披露目します♪

 

関連記事

  1. GTRMspec R34GT-R用シートカバー開発-その2
  2. gtrnor R32 Skyline GT-Rステアリング革巻き
  3. シートバラシ、チェック中

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP