ホンダCR-Z登場

crz-thumb-500x306-364

ホンダのCR-Zの受注が好調のようです。
キャッチコピーがなんともイカシてます。
ハイブリッドカーは、エコで終わるな
本田宗一郎さんが昔、ご自身でレースに出て運転されていた頃のポリシーが、亡くなられた後もこうしてホンダイズムとして続くことは本当に素晴らしい。
宗一郎さん、本当にクルマが好きで、好きで、子供の頃、隣町のお金持ちの人が車を買ったという噂を聞き、隣町まで行って初めて車を見た瞬間、飛びついて車に張り付いたそうです。
初期の頃、トヨタさんへピストンの卸をしましたが、品質が認められず、ピストン1000セットまるごと返品になり、死に物狂いで品質を向上して納品したとの事。

ご自身でもガンガンレースに出て運転し、アクセル全開で、1位でゴールした直後、車ごと中に舞っていたり・・・。
1代で伝説を作り上げた本田宗一郎さん、本当に偉大な方です。

CR-Zといえば、その祖先であるCR-X
学生の頃、仲の良かった田中君が買い、僕はダルマセリカの18R-G(既にその当時で20年もの)にのっていたのですが、CR-Xを運転させてもらって本当にビックリ。こんな軽くてクイックな車があるのか?と思いました。
今思えばあの小さくて軽いボディーにZCの1600ツインカムのエンジン、速いはずです。車は軽いのが一番ですね。クイックだし燃費もいいしで。
今回も購入希望者がハイブリッドということでメーカー側が想定していたのとは異なり、20代の若い層が多いとの事。

本当の車好きに伝わる車づくりをする、ホンダさんの精神は素晴らしいな〜、、、っとニュースを見ていてふと思った日記でした。
ちょっと乗ってみたい車です。
CR-Z、お近くでもし一早く購入された方がいらっしゃいましたら、ぜひ一度遊びに来てくださいね。

写真は、無限バージョンのCR−Z。
そういえば、無限CR−Xのフルエアロバージョンを本田さんに納品した、あの方からも熱いお話を以前直接お聞きする機会がありました。数日徹夜続きでエアロを作りまくり、アメリカホンダへ輸出したそうです。
今その方はアフターの業界の、レジェンドです。

ちなみに、友人のCR-X、また仲の良かった別の友人が運転して、縁石に乗り上げてしまいました。僕は佐賀大学そばの下宿にて試験の勉強中だったのですが、僕も呼ばれて三瀬峠のふもとまで行き、皆で「ヨイショ!」と抱えて救出。

翌日、「なんか腰がビリビリくる〜」と笑っていたらこれがぎっくり腰というものでした。
以後腰痛持ちになってしまった。。。。思い出の車です。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP