SUBARU-R1R2

R1- R2-スバリスト応援インテリア企画−5

スバルR1シートカバー

ひとまず進行の様子をアップしてみます〜!
これ、リヤシート。背もたれです。裸になりました

r1-rears.jpg

リヤシート、座面です。こちらも裸。

r1-rears2.jpg

前々回、「スバル側の気持ちになって考える」ということを書きました。
R1は、インテリアのつくりが軽ではない、とも書きました。
どういうことかというと、フロントシート、リヤシート共に、純正表皮が縫製タイプのシートなのです。
部位部位で、表皮のパターンを分けて、縫い代をつけたもの同士を縫製して縫い合わせ、立体化してあります。
それを、ウレタンのベースに対して、1箇所づつ人の手で組みつけてあるのです。
写真の中、シートの表面にくぼみの線がありますが、この部分が、内側を向いた縫い代当たりの、逃げなのです。
その中に、15cmおきくらいに、表皮を引っ張ってリングをかしめて止めてあるんです。

一方、縫製タイプ以外の量産タイプはどんなものかというと、表皮がこのようにほとんどパターン分けしておらず、一度形にした袋状態の表皮に、ウレタンをモリモリと発砲してシートの形状にするタイプです。
そういったタイプは、このように表皮だけはがすことができません。(無理に剥がしたらウレタンごとはがれてボコボコになります)
表皮をつまんだら解りますが、発砲タイプのものは、表皮だけが浮きません。縫製タイプは、どこをつまんでも、浮きます。

メーカーによってつくは違いますが、普通車でもこのような縫製タイプでなく、ウレタン発砲タイプのものが最近多くなってきました。
そんな感じで、随所にスペシャリティー感漂うR1を、もうちょっとスペシャルにしようという、企画進行中です。
型を前に作戦会議中!

r1-rears3.jpg

・・・・リミットまであと6日

関連記事

  1. r1r2-1 R1-R2-スバリスト応援インテリア企画−1
  2. r1shift-nori R1- R2-スバリスト応援インテリア企画−6
  3. 360-steer R1- R2-スバリスト応援インテリア企画−番外編4
  4. r1r2-inpane R1- R2-スバリスト応援インテリア企画−4
  5. r2seat1 R2 新発売?R1- R2-スバリスト応援インテリア企画−番外編…
  6. R1シートカバー R1- R2-スバリスト応援インテリア企画−2
  7. r1-f-thumb-500x331-436 R1- R2-スバリスト応援インテリア企画−最終章2
  8. iro3 R2用シートカバー 今日の一枚

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP