HONDA-S660

S660NeoClassic(S660ネオクラシック)が素敵!

S660ネオクラシック-シートカバー-貼り替えキット

オートサロン第二段です。
さてさて。初日に会場入りしてウロウロしてた僕ですが・・・・
ななな!なんじゃこりゃっ!
オートサロン内のでっかいブースではなくて、離れの一般の車がいっぱい並んでいるところに、ポツンと置いてあったこの車。
びっくりして、周りをぐるぐる観察してみました。

S660NeoClassic02.jpg

サイドビューです。もともとのS660のエッジの効いた造型とはまるで違って、まるっこいデザインです。ん?このリヤは・・・・?

S660NeoClassic03.jpg

キター!!(゚∀゚)!
アイローネゲート!

なつかしすぎでしょ。
——————————————————————————————————てんちょー考察・・・アイローネゲート——————————————————————————————————元々はフェラーリディーノや308GTBが元祖とおもわれる、リヤの切れ込んだデザイン。フェラーリテスタロッサなどでも採用。リヤエンジンの上を平たくした独特のデザインで、あまりにもかっこよすぎるために、その後アフターパーツが乱立。SA、FCのセブンやセリカXXなどで大流行し、そもそもリヤにエンジンがない車にまで波及し、デザイン100%機能0%の素敵なブームだった。——————————————————————————————————

cs2.jpg

308GTB CARSTYLING誌より引用

cs1.jpg

テスタロッサ CARSTYLING誌より引用
うーんたまらないっすね。
嬉しいので、アイローネゲートでGoogle検索 を貼っときます。
そういえば、もともとS660はリヤははじめからフードがついて室内とは分かれてるんだから、実現しやすかったとは思うんですけど、それにしても、デザインのまとまりが素敵!

S660NeoClassic04.jpg

メッキバンパーの位置や形状、赤/黒ツートンの塗り分け位置や面積を含めた、造型、たぶんかなり試行錯誤されたんだと思ます。センスいい〜
リヤのテールランプの位置やこの小ささ、これまたかわいくてセンスいいです。なんかみたことあるな〜っておもってたた、NONEのランプだそうで、上下ひっくり返してつけてるんですね。
すごいや。
ところで、こんなすごいカスタム、作ったのって誰だろう?って思ったら、後ろにお二人立っておられたんで、根掘り葉掘り聞いてみました・・・・。
僕「すごいっすね!ベース、S660ですよね!」
カスタムした人「はいそうです」
僕「しかも、S660出てからまだあまり月日がたってないのに、ここまで手を入れちゃって、しかも仕上がりがめちゃハイクオリティーですよね!いったい何者なんですか?」
カスタムした人「・・・・いやじつは、ホンダなんですよね」
僕「えっそうなんですか。看板とかでてないし、どこかのアフターパーツメーカーの人かと思った」
ホンダの人「いえいえ・・・実は社内で、コンペがあって、最終的にこのデザインが選ばれて、有志が「やろうぜ!」ってなって完成させたんですよね」
僕「まじですか・・なんて素敵な会社(・・・僕も入社したい)」「しかしこれって、ドア以外全部が変わってますよね!」
ホンダの人「フフフ・・・実はドアもちょっと形状変えてるんですよね。だから外装全部変わってます(ドヤ顔)」
僕「まじですか・・・(たのしそうすぎる、この会社)」
・・・といったやりとりがありました。
前後のライトとも、グリル含めNONE流用でここまでのカスタムとは・・・メーカーの本気をみましたね。
これ、よくよく考えると、かつてのS600の再現じゃないですか。
しかしこれも市販化は未定とのこと・・・
ホンダさん、社員の方、これつくりたがってますよ。ぜひ首脳陣のみなさん、決裁お願いします。
685.jpg
おおっ!なんかインテリアも純正に今のところラインナップのないタンレザーだよ・・・
しかしこれを社内コンペで勝ち取り、たった2ヶ月で仕上げたとのことで、脱帽。

・・・うちも、まけてないぞ・・・
こんなのあるもんね〜請うご期待♪

S660Seat.jpg

関連記事

  1. S660貼り替えキット、ステアリング革巻き、ドアトリム S660インテリアついに開始!! vol3
  2. S660シートカバー、貼り替えキット S660インテリアついに開始!! vol1
  3. NSXインテリア写真ー S660 S660用シート張替えキット完成・発売開始
  4. S660貼り替えキット S660貼り替えキットーGTステッチ
  5. S660貼り替えキット、シートカバー S660インテリアついに開始!! vol2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP