ニュービートルステアリング本革巻き-1

今回はニュービートルのステアリング、本革巻きです。

年末までにやりのこした仕事その2ですが・・・ヨメビートル号です。

先日、誕生日プレゼントでハンドルを黒/赤で巻いてプレゼントしたのですが、

ツケルトコマデヤレ(#゚Д゚)ゴルア!

とのことなんで・・・・会社でやることになりました。

VWのディーラーに持っていって、ちょちょっと工具を貸してもらって脱着!と予定していたのですが、時既に遅し・・・すでに御用納めで誰もいません・・・。

泣く泣く会社で着手。

beetle1.jpg

まず、バッテリーの端子を抜いて少し置いてから、エアバッグ部分を外します。

外車によくあるタイプで、ハンドルを傾けた状態で、裏のサービスホールからマイナスドライバーを突っ込みますが、うまくピンが外れません。

結局こんなとんがったツールを、グラインダーで削ってつくって、突っ込み、てこの原理で外します。

beetle2.jpg

裏から突っ込んでピンを外している様子。

beetle3.jpg

これは、やっと外れた後、ステアリングのボディーからホーン部分を分離させた状態。この丸の中に見えるのがでっかい板バネのようなピンで、

beetle4.jpg

これがエアバッグ側の裏。先ほどのピンが、このくびれにはまっていました。
難関その1が終了。

beetle5.jpg

・・・と思ったら、なんだこれ?

センターは普通は、ナットが止まっていますが、なんだかセンターにギザギザ穴が開いた、へんなボルトで止まっています。

難関その2です・・・

つづく

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP