ニュービートルステアリング本革巻き-2

2011年。明けましておめでとうございます。

今年は開発と発売のスピードを速めて行きたいと思っています。

2011.jpg

ユアブランドから見た、鳥取方面(山口→島根→鳥取)。空の下のあたりが異様に白い雪雲で覆われています。

山口県でも近年まれに見る大雪でしたが、鳥取県は大雪で1000台の車が立ち往生とか。

皆様十分お気をつけ下さい。

さて、Beetle続きです。

エアバッグ部分を外したら突如出現した、へんな形の12角穴あきボルト。

ドイツ車特有の”トリプルスクエア”という規格だそうです。

結局、


beetleh-1.jpg


さんざんホームセンターや工具やさんを回っても合うものが無く、結局近所の輝モータースさんで、こんな6角工具をお借りして、外せました。

beetleh-2.jpg

やっと外せたところ。スッキリ。

beetleh-3.jpg

ステアリングがはまるところにはものすごい数の溝がきってあります。また上のセンターにステアリング側と共に合いマークが初めからあるので、このあたりも日本車と比べて進んでいます。

beetleh-4.jpg

合いマークを合わせてステアリングを溝にはめて・・・。端子も忘れずはめます。

beetleh-5.jpg

ボルトを止めたらエアバッグ部分を・・・

beetleh-6.jpg

バン!とたたいて、ツメをピンにはめてロックします。

やっと・・・

beehan1.jpg

完成!

beehan2.jpg

今回のコダワリポイントですが、3本のスポークまでキッチリ巻いたことです。
NEWBeetleのステアリングは、この3本スポークが急角度でほぼ直角に立ち上がっている為、ここのパターン起こしがとても難しかったです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP