DAIHATSU-COPENコペン

コペン、YBアルティメットエディション完成

コペンアルティメットエディション用シートカバー、ステアリング革巻き

永らくBlogから遠ざかってしまっておりましたが、大抵そんなときは現場に出て開発作業に携わっております。

ひと段落つきましたので、Blogにやってまいりました。店長です。

実は、2週間くらいかけて、オリジナルコペンを仕上げておりました。

山口県内のお客様で、アルティメットエディションにこだわっていらっしゃるお客様です。

こんな感じに仕上がりました。

ユアブランドシートカバーに、オプションで

  • Wステッチ(極太糸)
  • クッション部分アクセント
  • ドアトリム張替え
  • ステアリング革巻き

が追加されてこうなります。

今回、ステアリングにはかなり力を入れました。

コペンアルティメットエディションの純正MOMOですが、コブが付いており、革なのですが、縫い目がなく、バッチリのりで固められた量産仕様です。スポーク裏ものり付け仕上げ。

handle-ura.jpg

こんな感じで、裏から見ると、表から裏に回した革の末端が倒して、たたんで、のりづけされています。アフターパーツで販売されているDIY革巻きキットも、スポーク部分は両面テープなどで別に覆うようになっていますが、こういった仕様は、量産向けの簡易的な仕上げです。

今回のコペンのお客様は、こういったところが運転していて気になり、どうしても自分の希望の仕様に

これを、こだわりの革巻きステアリングに変えていきます。

こだわりは、純正のステアリングと比べ、パターンの切り替えラインを変更したことです。

ゴルフGTIのように、水平カットのデザインへ変更しております。

copen2.jpg

(クリックで拡大します)

さらにステアリンググリップの径自体も太くしており、しっかり感がアップ。

さらに今回はお客様のご希望もあり、純正アルティメットのタン内装にきわめて近いレザーを取り寄せました。キャメルです。

それにあわせてステアリングの革も同色化。

今回のステアリングのキャメルカラーは、スムースレザーといい、シボを型押ししていない高級レザーで、とても握り心地がよく、ずっと触っていたくなります。究極の革ですね。

オーナーなら気になるホーン部分も対応済。

cop-horn.jpg

(クリックで拡大します)

ちなみに、写真撮影のため、いつもの山坂道を走って山の中腹まで行きましたが、軽で、これほど面白い車はなかなかないです。MTですし、乗ってて本当に面白い。足回りはビルシュタインでロールもしないし、ステアリングの握り心地も最高。オーナーさんの気持ちがよくわかりました。

660ccという規格でここまで完成度の高い車をつくる日本人はすごい。ガラパゴス上等。

というわけで、ちっちゃいスーパーカーが完成しました。

ご希望の方は、ご連絡ください。

ちなみにコペンが欲しくなって色々ネットで調べていると、なんとFRコペンをつくっている会社さんを見つけました。

http://www.provile.co.jp/index.php?%EF%BC%A6%EF%BC%B2%E3%82%B3%E3%83%9A%E3%83%B3

いや〜すごい。コペンは。

関連記事

  1. コペンセカンドアニバーサリーエディション用シートカバー開発中 2ndアニバーサリーコペンレカロ用シートカバーその2
  2. コペンクーペ コペンクーペは発売されるのか?東京オートサロン2016レポート-…
  3. fiatsteering1 FIATNEW500ステアリング本革巻き
  4. HE22Sラパンシートカバー フルオリジナルのラパン
  5. ABARTH500ステアリング革巻き ABARTH500 STEERING アバルト用ステアリング革巻…
  6. ルノールーテシアRSステアリング ルノー・ルーテシアRSステアリング革巻き
  7. 75f930ba コペンの内張りを・・・
  8. コペン雑誌掲載 データ入稿完了!コペン専門誌

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP