MAZDA-Roadsterロードスター

NDロードスターインテリア開発工程

roadster-nd-thumb-500x335-1509

先日手がけたNDロードスターですが、忙しさのあまり何もBlogを書いていなかったので、いまさらながら報告を・・・
車の外観ですが、さすがの造形です。一世代前の魂動デザインとは一風変わって、とてもシンプルなボディ面になっています。ボリューム感があります。お借りした車はBBSのホイールがついて車高短でした♪

 

(これはもう内装を済ませた後の写真ですけども)
内装のつくりも各所が凝った造形をしており、これは大変だな〜っていうのが当初の感想でした。
今回のお客様は、はるばる大阪から山口まで、お車を持ち込んでくださいました。
もう半年も前から熱いリクエストを頂いておりまして、ずいぶんお待たせしてしまって申しわけ御座いませんでした。
で、「内装全部!全部つくってね〜!」ってお願いされまして・・・。
まずは大物のシートですね。

ndseat.jpg

こんな感じでボディからはずして、その後表皮をばらして張り替えていきます。なんども何度も作り変えました。
スピーカーの穴なんかもどうしようかと、かなり考えましたが・・・
ふさぐわけにも行かず・・・スタッフにお願いしていたんですが解決できず・・・結果10時間くらいかけて、CADで穴を配置した上で自分でポンチであけました。

13000261_1271757049519294_1994881844528550195_n.jpg

これ、1ミリずれたら大ずれなので泣きそうでした。
これを定規にして穴をマーキングし、製品版はスタッフに穴をあけてもらいました。

seathagi1.jpg

こんな感じですね。表皮をはがしたシートはちょっと恥ずかしい感じです。
右側は何度も試作をした上でほぼ最終の形状の表皮です。

zamen1.jpg

こちらは座面です。手前シート側面にはシワがありますが、これはまだ下を留める前だからですね。きっちり仕上げるとシワはなくなります。奥のシートはもう貼り終えたものですね。ごらんのように最近人気の、座面中央アクセント(カニ腹)もON!
お客様からのリクエストで、淵に黒いマチのラインを追加しました。背もたれとあわせたデザインです。

ndhandle.jpg

純正ステアリングの造形も凝ってますよね。NCの全体的にフラットな造形に対して、今回のNDは各所がエッヂが効いたデザインになっていました。尖れば尖るほどぼくたちは大変です(泣
お客様からは、「ピラー」「内張り」「インパネ」と続々とご要望が波のように・・・
といった感じで、多くのプレッシャーを頂きましての製作となりました。
もちろんプレッシャーはやる気に転換となるわけです。
次回は完成版をBlogでお披露目させていただきます。

関連記事

  1. NCロードスター貼り替えキット開発 NCロードスターインテリア開発中
  2. road NA貼り替えキットの歴史とMrロードスター貴島さん
  3. nd-steer1-thumb-500x334-1542 NDインテリアその2-ドアトリム、コンソール、シフト周り、ピラー…
  4. nd-lugmat1-thumb-500x334-1500 NDロードスター用ラゲッジマット完成
  5. NAロードスター本革貼り替え NAロードスター用張替えキット(レストアキット)
  6. NDロードスター内張り NDロードスタードアトリム(内張り)
  7. NAロードスター貼り替えキット開始 ロードスタープロジェクト開始!
  8. ncsteer3-thumb-500x335-844 NC-Roadsterステアリング革巻き

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP