当社について

ユアブランドストーリー

ユアブランド社屋外観

当社工場外観

YBChairs(ワイビーチェアーズ)運営は、ユアブランド株式会社で行っています。当社は本州最西端の山口県に位置しています。
当社は1964年に山口県防府市で創業しました。防府市はマツダ株式会社の工場があり、自動車関連部品メーカーが多く、当社も長い間自動車関連部品、主に表皮の縫製を20年以上行ってきました。


フラワースリッパ

祖父の時代の「フラワースリッパ」

ユアブランドは当初、スリッパのメーカー「フラワースリッパ株式会社」として創業しました。これまで中国地方及び九州地方で数多くの病院や小中学校からお買い求め頂きました。シンプルなスリッパですが、耐久性がとても高く、病院では院長さんがご子息の代に代替わりしてからご注文があるくらいの長いスパンでした。


トヨタ86用ユアブランド製インテリア

自動車インテリアを開始

現社長の石田正記が大学生の頃、近所のバイク屋さんに置いてあった一台の白いダルマセリカに一目ぼれ。車好きになりました。卒業後に帰省した時、当時はスリッパから下請けにシフトしていましたが、仕事の波が大きく、仕事が薄くなってしまっていました。そこで厚物ミシンと好きな自動車で何か出来ないかと必死で考えて2000年に始めたのが「ユアブランド」という屋号でのシートカバー事業です。おかげさまで今では全国からシートカバーや張替えのオーダーを個人様や法人様から頂けるようになりました。写真はトヨタ86用インテリアで、シート張替え、ハンドル革巻き、コンソール革貼り、他全ての部分に手を入れていますが、このように立体造形物の表面をパターン分けし張りこむことを得意としています。


ユアブランドデザインオリジナルカーアナトラ

オリジナルカーデザイン事業開始

多くのカーインテリアのデザインを行う中で、デザイン的なバランスを考え、どうパターンを起こしたら美しく見えるかを考えて行くうち、徐々に業界内での評価も頂けるようになり、カーインテリアだけでなく自社のテイストでオリジナルカーを作りたいと強く思うようになりました。2013年、軽自動車ハスラーをベースに、はじめてのオリジナルデザインモデル「アナトラ」を発表。現在市販に向けて奮闘中です。この経験により、「優れたデザインの思想を理解し、その上で自社のテイストを乗せ、デザインを進化・多様化させる」ことを学びました。


イームズアームチェア

イームズチェアカバーを開始

2017年にはじめてイームズのアームチェア、シェルチェアのカバーを制作しました。これらは元々のデザインがとても美しく、余計なデザインテイストを乗せてしまえばデザインが崩壊します。そのため、各チェア共どのようなデザインが美しいかを追求し、またフィッティング面もユアブランドでこれまで行ってきた「張替えにしか見えないシートカバー」の開発技術を生かした独自のパターンを起こし、ついに後付けでも美しいフィッティングが可能なチェアカバーを開発しました。開発には半年以上の期間を要しました。 なお、イームズ純正のチェア、リプロダクトのチェア両方で装着確認済みです。