いろんな想い

世界の一流に触れてきました

meganenocase

先日Blogでご紹介した、プロダクトデザイナー、川崎和男さん。
KazuoKawasaki Twitter

以前アメリカで、サラ・ベイリンさんというアラスカ州女性知事が、副大統領候補になった際、フチのないおしゃれなメガネが日本の福井県産であり、そのデザイナーが川崎和男さんであると、世界中でkazuokawasakiのメガネが話題になりました。
「アメリカ国民はサラの目を見ているのではない。メガネを見ているんだ」
そんなメッセージと共に世界に名を轟かせたデザイナーさんです。

そんな方が山口までいらっしゃるわけで、これはなんとしてでもお会いしなければならない。
と思い行ってきました。

当日のMacキーノートを使った講演は本当に素晴らしかった。
キーノート、勉強します。

伝えられたメッセージは

—————————————

日本人としての誇り。日本語の素晴らしさ。

デザインとは何か?ブランドとは何か?

デザインは欲望の刺激装置である。

デザインの力=性能+機能+効能

「製品」だけ作るのはタダの自己満足。その先の「商品」になってこそ存在意義がある。

infomationの訳し方は、国ごとに異なる。その訳に意図が込められている。
情報は「情に報いる」と言われるがそうではない。「情勢報告」という戦争用語である。

吉田松陰と橋本左内。二人とも同じ牢屋に捕らえられ、安政の大獄で処刑された。
もしも二人が牢屋の中で出会っていたならば・・・しかし歴史に「もしも」はない。
二人とも、30歳で処刑しなければいけないほどの影響力があった。
結果弟子によって倒幕が行われるがその教えは今も続く。

今、まさに平成の大獄である。

立志全ての源なり。

—————————————

僕なりに解釈でき、インパクトのあった言葉です。

ところで・・・・・。

世界的なデザイナーとお会いできる機会。一生のうち一度あるかないかのこの瞬間。

実は僕自身、KazuoKawasakiの生き様に惚れ、小倉のランド・ホーさんという、KazuoKawasakiのメガネを全種類そろえているという、こだわりのお店に行き、MP-992というネイビーカラーのメガネを購入、愛用しておりました。

tencyou.jpg

久しぶりに登場・店長です。

軽くてかけている感じがしない。このMP-992は、フレームにスリットが入ったデザインです。素材はチタンで一枚板をプレスで打ち抜き。とにかく軽い。川崎和男さんデザインのメガネ(ページ下のほうに一覧があります)は、フレームとレンズが独立した「アンチテンション」という機能をもち、顔に圧がかからず疲れないのが特徴です。
またメーカーの増永眼鏡さんは、日本最古のメガネメーカーであり、10年以上前の部品でも直ぐに供給&修理可能。
なおかつ、フレームにワンタッチで装着できる、偏光サングラスが付いてきますので、別に度付きサングラスを買う必要もなく、デザインもさることながら、コストパフォーマンスがとても高いのです。

これをかけて行き、川崎さんへご挨拶。喜んでもらえました。

その上で、KazuoKawasakiメガネ購入時についてきた合皮製メガネケース。

jyunseicase.jpg

これを、うちの本革で貼って当日持っていきました。
「怒られるかも?」そんな不安がよぎります。







meganenocase.jpg

が・・・お褒め頂いた上に、直筆のサインを頂くことが出来ました。
事前にイメージトレーニングもし、当日の朝ナフコで買ったホワイトマーカーもちゃっかり持参。
ネイビーの革とホワイトステッチが素敵でしょ?メガネにあわせてみました。
嬉しいです・・・。家宝にします。子どもと同じくらい可愛いです、コレ・・・。
川崎さんもとっても喜んでくださっていました。

kazuosanto.jpg

店長、最近ちょっとおじさんがかってきました。

よかった・・・・JUKEの開発で社内が大忙しの中、日中シート仕事以外のことをするわけにもいかず、月曜の講演に間に合うよう、日曜日の明け方3時ぎりぎりまでこれをやっていました。みんなに「なにやってんだ」と怒られながら・・・。

一流の方はやはり違いました。

燃えるように熱いソウル。全てにおいて深い。
そしてとっても温かかった。
この熱い思いと強烈な信念を持ち、デザインを通じて世界を変えてこられたんだ、ということが体感できました。

このBlog読者の方、ぜひこれを機会にKazuoKawasakiデザインに触れてみてください。

ちなみに、川崎さんの先生は柳宗理さん。
バタフライスツールが有名です。日本で始めて真っ白のコーヒーカップをつくったのも
柳宗理さんだそうです。

スタッフのみんな、多くの気づきがあったから、きっと会社へフィードバックできると思うよ。

ユアブランド&アルジュファンの皆さん、デザインをますます研ぎ澄まして行きます。

関連記事

  1. yuka ユアブランド誕生秘話−2
  2. コペンセカンドアニバーサリー用シートカバー 2ndアニバーサリーコペンレカロシートカバー
  3. road NA貼り替えキットの歴史とMrロードスター貴島さん
  4. ロードスター主査、貴島さんに会いに Mr.ロードスター貴島さんに会いに
  5. sokudan ユアブランド誕生秘話-04
  6. kyuu-kouba1 ユアブランド誕生秘話-3
  7. hagata1 ユアブランド誕生秘話-05
  8. masakix ユアブランド誕生秘話−1

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP